スタッフインタビュー

ゲームエンジニア

2017年 入社

M.O

ゲームサービス部

入社したきっかけはなんですか?

アピリッツを知った最初のきっかけは、大学3年生向けのインターンに参加した友人から「いい会社だったよ!」と紹介を受けた事でした。
元々ゲームは好きで、MODを使ってプログラミングを行い、ゲームに自分で新しい要素を拡張する…といったようなことをやっていました。そのような経験から、だんだんとゲームを作る仕事がしたいと思うようになりましたね。
就活時に企業研究を行い、様々な企業を見ていく中で、ゲーム・Webの両方のビジネスを展開しており安定的な経営を行っている会社だなと思いました。

お仕事内容を教えてください。

現在は他社の大規模ゲーム案件にアサインされており、エンジニアとしてゲームを開発しています。
アピリッツのエンジニアだけでも10人以上おり、絶賛開発中です。自分はクライアントエンジニアとしてゲームの見た目の部分を担当しています。
有名なゲームタイトルに携われるのはうれしいですし、やりがいを感じますね。
他にも実際の開発と並行して、検証環境を整える…といったような準備をするのも仕事の一つです。

入社後のギャップはありますか?

入社後の、というよりは学生の頃との大きな違いとして、責任の重さというのを感じています。
学生の頃は、「最悪動けばよいだろう」という思いもありましたが、今は仕事ですので「ソフトウェアをきちんと動く状態で世の中に出す」という責任を持って仕事をしています。
また、学生の頃は1人もしくは少人数で1つのものを開発していましたが、今は人数規模も大きいプロジェクトですので、ソースコードの書き方一つとっても、分かりやすいコードを書くように意識しなければいけません。
人によってこの「わかりやすい」の基準が違うので、誰が見てもわかりやすいコードを書くように心がけています。

就活生へのメッセージ

コミュニケーションをしっかり取れる方が一緒に仕事をしやすいかなと思います。特にエンジニアは黙々と作業を行うことも多いですが、黙々とやりすぎると誰が何をやっているのかわからなくなってしまいますので、何事も情報の共有というものは大事です。メンバーとコミュニケーションをきちんと取れるというのも必要なスキルかなと思います。