スタッフインタビュー

コーディネーター

2017年入社

A.S

エンターテインメントサービス部

入社したきっかけはなんですか?

元々「結婚して子供が生まれたとしても長く働きたいな」という思いがあったため、前の会社ではエンジニアとして働いていました。エンジニアであれば、自分次第で時間や場所に縛られず働けるかもしれないと思ったからです。しかしエンジニアとして働いていくうちに、「自分のような働き方をしている人のサポートをしたい」と次第に思うようになり転職を決意しました。
転職活動中にアピリッツを知り、自分の求める働き方ができる会社だと思いましたし、面接や採用担当の方とのお話しを通して、入社後の自分の働く姿をイメージすることができました。また初めての転職で不安だった中、一番親身になってくれた会社だったという事も入社の決め手になりました。

お仕事内容を教えてください。

ゲームビジネスの中の、コンサルティングサービスを行っている部署に所属しています。
この部署に所属するアピリッツの社員は、他社のゲームのプロジェクトに参画しており、私は両者の橋渡しのような役割を担っています。
事務作業はもちろん、案件を探したり、現場に行っているアピリッツの社員へのヒアリングや部署での帰社懇親会などを行っています。

「本社ではない場所で働いているけどアピリッツの一員だよ!」と思ってもらいたいという思いもあり、現場状況や心配事があるかなど、月に一回のペースで顔を見てヒアリングしていますね。帰社懇親会では、各々が参画している現場の雰囲気などお互い話すことで、良い刺激になっているようです。
元々人と話すのが好きだったので、大変なこともありますが楽しくお仕事ができています!

入社後のギャップはありますか?

ギャップはあまり感じていませんね。会社に対する印象って面接や説明会の時に一番感じると思うのですが、アピリッツは「何を考えているのか」をとても丁寧に聞いてくれる会社だなという印象で、そこがいいなと思っていました。
実際に働いていても、「これってどう思う?」など、私の考えなどを沢山聞いてくれるのでギャップはないと思います。

就活生へのメッセージ

5年後10年後に自分がどうなっていたいか、どういう立ち位置になっていたいかという事をきちんと想像することが大切だと思います。将来像のようなものが描けていると自分に合う会社が自然に見えてくると思うので、「先のこと」を具体的に想像することができれば大丈夫だと思います。