スタッフインタビュー

Webエンジニア

2017年入社

K.S

データサービスデザイン部

入社したきっかけはなんですか?

私が就職活動をしていた時に軸にしていたことは「エンジニアとして働けること」「大学で学んでいたことを活かせること」の2点でした。
そんな私が最初にアピリッツに興味を持ったのは、ナビサイトのフリーワード検索で「Ruby」と検索した時に、アピリッツがヒットした事でした。
その時は「働きやすそうな会社だな」という漠然としたイメージを抱いていたのを覚えています。
就職活動を行う中で色々な企業を見てきましたが、
・大学でRubyを使用しており、入社後も開発言語で戸惑うことはないと思った
・大学で学んでいたことと、会社のサービスが似ていた
という2点が最終的にアピリッツへの入社の決め手となりましたね。

お仕事内容を教えてください。

EC関連の自社サービスのプロジェクトにて、Webエンジニアとして働いています。
入社してしばらくの間は、簡単な修正や、サービスのアップデートに際して表示のずれが発生してしまう箇所の修正、といったような簡単な業務を担当していました。
しかし半年たった頃から、だんだんと自分が担当する範囲が広がっていきました。
いままでより規模の大きい修正を任せてもらったり、今ではお客様からの問い合わせ対応も行っています。
仕事で任される範囲が大きくなると同時に、自分がしている仕事に対して今まで以上に責任を感じています。

実際に入社して変わったことはありますか?

入社前にアルバイトとしてすでに仕事を始めていたので、自分の場合は入社後のギャップや変わったことなどは特にありませんでした。
ただ、「想像以上に発言できる機会が多くあるな」というのが入社して感じることですね。
プロジェクト単位での進捗報告を毎日やっているので、なにかあればそこで報告ができるのは勿論なのですが、ミーティング以外でも気軽に相談できます。寡黙な人が多いのかなと思っていましたが、そんなことはありませんでした。
無駄なお喋りをしているのではなく、なにか困っていたら「大丈夫??」と聞いてくれたり、接しやすい人が多いのでとても仕事はやりやすいです。

就活生へのメッセージ

コミュニケーションが取れた方が一緒に仕事をしやすいかなと思います。
特にエンジニアは黙々と作業を行うことも多いですが、黙々とやりすぎると誰が何をやっているのかわからなくなってしまいますので、何事も情報の共有というものは大事です。
メンバーとコミュニケーションをきちんと取れるというのも必要なスキルかなと思います。