スタッフインタビュー

ゲームデザイナー

2016年入社

M.O

アピゲー部

入社したきっかけはなんですか?

もともとゲームが好きだったこともあり、ゲーム業界に入りたいなと思っていました。アピリッツへは新入社員として入社する前に、大学3年生の後半からアルバイトとしてお仕事をさせていただいていましたが、「会社の雰囲気がすごくいいな~!ここで頑張りたい!」と思いましたね。
学生の頃は、「イラストを描くお仕事がしたい!」と思っていましたが、社会人として働いていくうちに、「多くの人に遊んでもらえる、売れるゲームを作りたい!」と思うようになりました。
今ではイラスト業務以外のことにも興味を持っていて、打ち合わせでは色々と発言したりしています。
余談ですが、神社に行くと毎回「ゲームが売れて、みんなに遊んでもらえますように!」ってお祈りしていたりするんですよ(笑)

お仕事内容を教えてください。

自社タイトルのゲーム開発チームにて、デザイナーとしてお仕事をしています。
始めは先輩から仕事をいただくことでデザイナーとしての実務経験を積ませていただきましたが、1年目の半ばを過ぎたころから徐々に、自分で指示を出しリソースの管理を行うということにも挑戦させていただくようになりました。今は3プロジェクト、10名位の方のリソースを管理しています。
1日の半分でチームメンバーのリソース管理を行い、残りの半分の時間は、自分の手を動かしてデザイン作業を行っているようなイメージですね。

仕事を行う上で気を付けていることは、コミュニケーションを丁寧に取ることです。
修正依頼をする際は、「どのように説明したら、自分の依頼を受けたデザイナーさんに意味を的確に伝えることができるだろう??」ということを考えて依頼をするようにを心掛けています。
また作業に行き詰っているメンバーがいたら、どうしたらもっと良くなるか・どこがダメなのかを一緒に悩んみ解決策を見つけるようにしています。
一人で考えるよりも、皆で考えればもっといい案が出ると思っていますので、意見を出しやすいような雰囲気づくりをしています。

アピリッツの良い所や、やりがいに感じるところはどこですか?

アピリッツの魅力は、職種にとらわれずゲーム制作に関われるというところではないでしょうか。
私はデザイナーですが、「デザイナーはデザイナーの仕事しかしてはいけない」などという事はありません。
例えば打ち合わせの現場でも、プランナーの人しか発言できないという訳ではなく、デザイナーからの意見もきちんと取り入れてくれます。
良いゲームを作るために、職種の枠にとらわれず意見を言えるところはとても良いと思っています。

就活生へのメッセージ

「ゲームを作る!」という気持ちがある方と一緒に仕事がしたいな、と思います。
皆さんデザイン・イラストを描くことが好きでデザイナーを志望していると思うのですが、もう一歩踏み込んで、アピリッツでどんなお仕事ができるのか、どんなお仕事をしたいのかという事を考えていただけると良いかなと思います。
アピリッツで作っているゲームをやってみたり、可能であればアルバイトをしてみたりするのもオススメですよ!!