スタッフインタビュー

ゲームプランナー

2017年入社

S.A

ゲームサービス部

入社したきっかけはなんですか?

採用のHPや、説明会に参加して「面白そうな会社だな」と思ったのがきっかけです。
私がゲーム業界で働きたいと思い始めたのは、就職を意識し始めた時でした。
大学では宇宙分野を専門として学んでおり、友人達も大学の研究の延長上にあるような企業を志望していました。
しかし自分が何になりたいのかを考えたときに、やはり好きなことにチャレンジしたいと思いゲーム業界への就職を希望しました。
また、ゲームというエンターテインメント性のあるモノを扱う以上、堅い雰囲気の会社というよりは、自由な雰囲気の会社で働きたいという思いもありました。
アピリッツでは会社の雰囲気も魅力的でしたので、ここで頑張ろうと思いました。

お仕事内容を教えてください。

ゲームプランナーとして働いています。現在はスマホゲームの案件に参画しており、絶賛開発中です!
自分は主にプレイヤー側と敵側のパラメーターを調整しています。メインで作業を行っているのは私ですが、ほかのメンバーと「ここはもっとこうしたほうがいいよね」などと話し合いながら作業を進めています。
小さい頃からゲームは好きでしたが、仕事を始めてから「自分のゲーム好きは全然ゲーム好きじゃなかった!」と思いました。アピリッツはエンターテインメントが好きな人ばっかりです。いい意味で「オタク趣味」な人がいる環境で、大変なこともありますが、楽しく仕事ができています。

入社後のギャップはありますか?

プランナーとして仕事をするようになってから、プライベートでゲームをしている時でも、面白いなと自分が感じたときに「なんで面白いんだろう??」「どういう作りをしているんだろう」というのを考えるようになりましたね。
また、大学の研究は1人で行うことが多かったのですが、今はチームで一つのものを作っているので、周りの人と認識の違いが出ないように考えていることなどを言葉にして周りに伝えるようにしています。
あと一番うれしかったのは友人(同期)とゲームができるようになったことでしょうか。(笑)

就活生へのメッセージ

自分の意見をきちんと言葉で伝えてくれるような人と一緒に働きたいなと思いますね。
仕事はやはりチームで行うものなので、認識のズレが起きないように、「思ったことは発信していく」ということが大事ではないかと思います。
後は、面接の前は社長の顔や企業情報などは今一度確認したほうがよいと思います。「今面接してくれた人社長だったんだ…!」と後から気づいてビックリした経験があります。